スポンサーリンク

妖精の住む世界遺産カッパドキア 女性一人旅は安全なのか?

カッパドキア 海外

こんにちは。

トルコは料理が美味しく親日家が多い国だと、テレビでよく放送されています。

美味しいケバブや優しい人達のおかげで、楽しい思い出がたくさんできました。

しかし日本人に良い人もいれば悪い人もいるように、トルコにも…

2018年にトルコのカッパドキアへ行った時のことを、お話ししようと思います。

トルコへ行ったきっかけ

トルコへ行ったきっかけは、旅行イベントでトルコ人の知り合いができたことです。

カッパドキアの政府の人たちと話しているうちに、とある男性と連絡先を交換しました。

その人は「トルコと日本の友好を図るための集まり」を主催している人でした。

話を聞いているうちにトルコへ行ってみたくなり、旅行をアレンジしてもらうことに。

カッパドキアってどんなところ?

カッパドキアはトルコの中央に位置していて、1985年に世界遺産として認定されました。

キノコのような岩がある独特な地形や、洞窟につくった地下都市を見ることができます。

日本から一度首都イスタンブールを経由し、私はネブシェヒル空港から行きました。

ただこの空港は本当に小さいので、交通の便はカイセリ空港の方が良いかもしれません。

持って行くべきもの

マスク

10月頃に行ったのですが、空気が非常に乾燥します。

朝方などは特にマスクをしないと、喉をやられるそうです。

トルコ語の本

旅の指さし会話帳18 トルコ(トルコ語)[第二版] (旅の指さし会話帳シリーズ)

新品価格
¥1,650から
(2020/9/22 20:47時点)

観光業やレストランの人は英語が話せますが、一般の人は話しません。

この本は必要な言葉がイラスト付きで載っているので、おすすめです。

トルコの人にも「何それ?いいね!」って言われました笑

言語的にトルコ語と日本語は近いので、3ヶ月勉強すれば話せるらしいです。

薄いダウンジャケット

朝晩は意外と冷えますし、気球に乗る人は特に忘れずに持って行ってください。

ショッピングモールのようなものはなかったので、必要なものは持っていく方と良いです。

現地でどんなことをしたか

気球からカッパドキアを眺める

朝早く起きてから、朝食を気球ツアー客みんなで食べました。

一番高く上る気球会社だったようで、他の気球が下に見えたときはうれしかったです。

後から知ったことですが、気球はたまに落ちるとか。

現地の人と話す

ふと見つけたお店のオーナーに、ピデを焼いてもらいました。

ピデはイタリアのピザの原型だそうで、細長い形をしています。

お店に行ったときに頭が痛いと話したら、風邪薬をくれました。

朝早く起きてヨガをする

気球は朝早くに起きて乗るため、カッパドキア滞在中は早起きでした。

ホテルから出てみると草原のようなところがあり、散歩してみることに。

ヨガをしている女性がいたので、離れたところで瞑想してみました。

結論

現地の人だけでなく、旅行客などたくさんの人と話す

洞窟探検ツアーなどで偶然一緒になったインド人のグループがいました。

インドから持ってきたおやつを分けてもらったり、写真を撮ってあげたり。

連絡先を交換したおかげで、トラブル解決を彼に手伝ってもらえました。

他には空港で日本人の団体旅行客の人に会ったので、世間話をしました。

旅行に役立つ情報などをお互い共有できるので、挨拶するようにしています。

※ 飲食物をもらう行為は場合により危険な行為なので、気をつけてください。

安いツアーがあるので、トルコ旅行はツアーで行くべし

後から旅行会社のパンフレットを見ましたが、ヨーロッパなどと比べて安いです。

またトルコでトラブルが遭ったときに、自分一人で対応するのは非常に困難でしょう。

慣れないうちは一人で行動せず、ツアーで参加する方がおすすめです。

日本人女性がカッパドキアで殺されたことを、後から聞かされました。

カッパドキアの気球

地位のある人であっても、100パーセント信じるのは危険

帰りに旅のプランを作ってくれたトルコ人の車で、空港に向かいました。

「日本人男性は結婚したら浮気をする、あなたも結婚したら絶対浮気する」

車内で突然宣言されました。

「私は絶対に浮気はしない」と言っても聞かずに、自分が浮気した話をしてきます。

そのまま話は平行線のまま、空港に着いて分かれましたが…

帰ってから大変なことになりました。

旅をアレンジしてくれた人に請求金額の明細を聞いたら、結果として脅されました。

内訳を見ると、一部相場と合わないような気がして、事情を聞こうとしただけです。

「安全に旅ができるようにサポートしてたのに、騙すつもりだったのではないか」

弁護士と相談して先方への支払いは済ませましたが、やり取りは本当に疲れました。

信頼できるツアー会社で行くか、トラブルに対応できるよう準備をしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました