スポンサーリンク

IELTS試験 午後のスピーキングテストは午前よりメリットあるの?

こんにちは。

先日、IELTSコンピューター試験を受けてきました。

前回まで午後からスピーキングテストを受けていましたが、今回は違います。

初めてスピーキングテストからスタートする試験に申し込んでました。

スピーキングテストは午前と午後選べる場合、どちらが良いのでしょうか。

実際に受験しに行った筆者が、メリットデメリットをご紹介していきます。

どこで受験したの?

今回受験したのは市ヶ谷駅からすぐの試験会場「バークレーハウス」です。



スピーキングテストは何時から?

朝食を7時くらいに食べてから、10時半くらいに会場へ行きました。

お腹が膨れている感じもなく、ストレスフリーです。

他の技能テストはどうだったの?

1. リスニングテスト

昼食の後、最初のテストがリスニングテストです。

午前中英語を話したからなのか、よく聞き取れました!

コンピューター試験はヘッドホンがあるので、集中もできます。

2. リーディングテスト

リーディングテストは、特に午前・午後でことなる印象はありません。

失敗したのは、ゆっくり読んでしまったことです。

とりあえずマークしただけの問題が多かったことが、残念でした。

3. ライティングテスト

試験も最後のパートになってくると、集中力は高まってました。

もちろん試験中も行けますが、行った分だけ回答する時間が減ります。

しかしエアコンが寒かったので、この辺りでトイレに行きたくなりました。

個人的な感想

スピーキングテストを午後と午前中とで、比べてみます。

IELTS
スポンサーリンク
シェアする
keikoをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー社会人、カナダ留学に挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました