スポンサーリンク

クラファンでイタリアから届いたヘルシーオリーブオイル

海外

こんにちは。

クラウドファンディングで購入したオリーブオイルが届きました!

イタリアのプーリアで、オリーブオイルを作っているユリエさんの自信作。

オリーブオイルやクラウドファンディングについて、話を伺いました。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)
クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」ことを指しています。

クラウドファンディングとは、たくさんの人から資金を集めることです。

ユリエさんがオリーブオイルのクラウドファンディングを募集しているを見て、申し込みました。

オリーブオイル、ケーパー、ユリエさんのレシピセットです。

クラウドファンディングで購入した理由

前からTwitterでユリエさんのつぶやきを見ていて、こだわりのあるオリーブオイルを味わってみたかったからです。

ユリエさんのウェブサイトは、こちら。

Blog
詳しくは投稿をご覧ください。

オリーブオイルを作るきっかけ

オリーブ自体はすでに家にありましたが、仕事が忙しかった頃に体調をくずし、オーガニックに興味を持ちました。ファーマーズマーケットに行ったり、オーガニックの農家を訪ねるうちに、農業に興味を持つようになりました。
初めは知りたい気持ちでオリーブオイルソムリエを受講したのですが「作ってみたい」という気持ちに発展しました。

オリーブオイルについて

プーリアのオリーブ「コラティーナ種」は辛いことで有名で、他の品種と混ぜるオリーブオイルが多かったそうです。

しかし辛いのはポリフェノールをたくさん含んでいるからで、お通じにも良いらしいです。

ユリエさんのオリーブオイル

ユリエさんのオリーブオイルは早朝に摘んでその日のうちに搾るので、酸化率が0.1です。

日本食に合わないと思われていましたが、冷ややっこにかけるのが好きな人が多く、ユリエさんがおすすめしてくれました。

プーリアの方は冬に豆のスープにかけるようです。

クラウドファンディングを行った理由

何よりもオリーブオイルについて広く知ってもらいたいと思ったからです。銀行から融資も受けられましたが、それでは誰にも広まらないと思い、クラウドファンディングにチャレンジしました。

安いオリーブオイルを使うコツ

オリーブオイルの安さと品質はあまり関係はありません。「安いのがまずい、高いのが美味しい」とは限らないです。まずいオリーブオイルでもブランディング、マーケティングが上手であれば高く売れます。私のオリーブオイルは安全性に気を配っています。生産者の顔が見える農家でいたいと思っていますし、スーパーで売っているものとは違います。

安いオリーブオイルを美味しく使うコツは、調理用にするくらいしか思いつかないです。安くても美味しいものはありますよ。

オリーブオイルが届きました!

素敵なメッセージ付きで、オリーブオイルが届きました!

運悪くオリーブオイルと一緒に届いたケーパーの瓶が、割れてました。

代わりにプーモを送ってもらうことに。

プーリア地方のお守りだそうです。

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルを、アイスクリームにかけて食べる人もいるようです。

バニラ味のアイスクリームに、塩やオリーブオイルをかけて食べるのだとか。

COVID−19流行後のイタリアの様子

今は落ち着いたので、いつも通りの生活をしています。しかしすごく敏感な方と夏を今まで通りに楽しみたい方に、別れた気がします。ロックダウンが終わっても、未だに外に出ない友人もいます。

海外
スポンサーリンク
シェアする
keikoをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー社会人、カナダ留学に挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました