スポンサーリンク

JSAF(ジェイサフ)ならできる! IELTSのコンピューター受験

IELTS IELTS

2019年は目標のスコアが取れなかったため、2020年1月にも受験することにしました。

JSAFでのIELTSの試験は、ペーパー受験とコンピューター受験から選択できます。

これまでは英検でもJSAFでも、ペーパーで受験してきました。

しかしコンピューター受験により、スコアが上がるのではと考えています。

ペーパー受験でのデメリットをカバーできるからです。



IELTSペーパー試験のデメリット

  • 試験会場の座る位置で、音声の聞こえやすさが異なる
  • 試験途中に何単語書いたかを、数えなくてはならない

IELTSコンピューター試験のメリット

  • ヘッドフォンで音声を聞くので、聞きやすい音量で聞ける
  • コンピューターが単語の数を表示してくれるので、数えなくてよい

面接官と話すのはどちらも一緒(スピーキングテスト)

コンピューター試験で勘違いしていたのが「スピーキングテストの実施方法」です。

コンピューターの前で話すのだと思っていましたが、対面式であることが分かりました(ちなみに英検のCBT試験は、コンピューターのマイクに向かって話します)。

他の試験で経験したコンピュータールームで話すという行為がないのは、ありがたいです。



申し込みはスマホでもパソコンでも可能

IELTS試験の申し込みに必要なもの

  • パスポート
  • クレジットカード(カード払いにしたい人のみ)

申し込みの手順

  1. JSAFのホームページに行く
  2. 『テストのご予約はこちら』をクリックする
  3. 『IELTS公開会場(一般会場で受験する方)』をクリックする
  4. アカデミック・モジュールかジェネラル・トレーニング・モジュールの日程から希望日を選択する

トップページ | IELTS公式テストセンター - JSAF(一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション
「受験生の立場で考える」それがJSAF - IELTSが選ばれる理由です。(コンピューターで受験するIELTSもスタート)。International English Language Testing System(IELTS)は、世界で年間受験者数が350万人を超える、英語圏での留学や就労・移住のための、世界的に認知...

『テストのご予約はこちら』をクリック後、『IELTS公開会場(一般会場で受験する方)』をクリックする。

『IELTS公開会場(一般会場で受験する方)』をクリック後、アカデミック・モジュールかジェネラル・トレーニング・モジュールの日程から希望日を選択する。

今回はJSAFのホームページからスマホで申し込みました。

Apply欄が『Full』になっているものは満席になっているので 『Apply』になっている日から選択します。

今回はコンピューター受験を申し込むため、Format欄がパソコンの絵の日程から選びました。

会場名が載っているので、行きやすい会場を選んで申し込みができます!

「なぜテストを受けるのか(Why are you taking the test?)」などの英語の質問があります。

分からない質問はなかったので、気になる質問があればお手伝いします。

ブログまでご連絡ください。

コンピューター試験はゆっくり会場入りできる!

ペーパーテストは朝9時から試験が始まりましたが、コンピューターは10時半!

遠方からでも受験しやすい開始時間だと思います。

最後に

英検での平日ペーパー試験も申し込みました。

理由はJSAFで受験したスピーキングのスコア下がってしまったからです。

インターネットで「JSAFの方がスピーキングは厳しい」という意見を目にしました。

本当かどうかは分かりませんが、どちらの試験でも最低5.0がもらえるようにがんばります!



IELTS
スポンサーリンク
シェアする
keikoをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー社会人、カナダ留学に挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました