スポンサーリンク

JSAFで間に合った!IELTS受験の感想「パスポートだけでOK」

IELTS IELTS

こんにちは。

2019年12月、IELTSのアカデミック・モジュールを受験してきました。

『IDP:IELTS Austraria』が認定している『JSAF(ジェイサフ)』が実施する試験です。

この記事は「JSAFが実施するIELTS試験について興味がある」方のために作成しました。

『英検(日本英語検定協会)』の方が有名ですが、個人的にはJSAFをおすすめします。

IELTS(アイエルツ)公式テストセンター - JSAF(一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション IELTS申し込み IELTS アイエルツ アイエルツ申し込み IELTS公式テスト IELTS受験 アイエルツ受験 アイエルツ予約 東京 横浜 埼玉 山梨 大阪 京都 神戸 名古屋 山口 岡山 ジェイサフ JSAF IELTS公式テストセンター 英語テスト 留学 Book Japan Tokyo Osaka Kyoto Computer-delivered IELTS CD-IELTS
「受験生の立場で考える」それがJSAF - IELTSが選ばれる理由です。(コンピューターで受験するIELTSもスタート)。International English Language Testing System(IELTS)は、世界で年間受験者数が350万人を超える、英語圏での留学や就労・移住のための、世界的に認知...

なぜ英検とJSAFの2団体あるの?

写真はペーパー試験でライティング、リーディング、リスニングテストを実施した場所です(高田馬場)。

『BRITISH COUNCIL』『idp』『Cambridge Assessment English』の3団体が共同で運営しています。

日本ではBRITISH COUNCILと英検による、共同運営での試験が始まりました。

2016年からidpとJSAFによる共同運営での試験も始まり、現在は英検、JSAFのどちらでも申し込めます。

実施団体が違うので、希望する団体のホームページから申し込みが必要です

JSAFのおすすめポイント

試験に持って行くものが少ない!

JSAFの試験では「パスポートだけあれば、受験できる」点が素晴らしいです!

ロケットペンシルと消しゴムが机に置いてあるので、筆記用具は要りません。

英検では、自分で鉛筆と消しゴムを持って行きますし、受験票も必要です。

試験会場にパスポート、消しゴム、鉛筆数本を手で持ち込むのは、地味に面倒くさいです。

IELTS対策の無料特典がある!

James⼩⾕のIELTS必勝攻略㊙講座 | IELTS(アイエルツ)公式テストセンター - JSAF(一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション IELTS申し込み IELTS アイエルツ アイエルツ申し込み IELTS公式テスト IELTS受験 アイエルツ受験 東京 横浜 埼玉 山梨 大阪 京都 神戸 名古屋 山口 岡山 ジェイサフ JSAF IELTS公式テストセンター 英語テスト 留学
「受験生の立場で考える」それがJSAF - IELTSが選ばれる理由です。(コンピューターで受験するIELTSもスタート)。International English Language Testing System(IELTS)は、世界で年間受験者数が350万人を超える、英語圏での留学や就労・移住のための、世界的に認知...

JSAFがIELTS受験者用に様々なコンテンツを用意しているページがこちら。

『IELTS Master online(マスターオンライン)』は、4技能のうち1つのオンライン講座が受けられます。

特典が多かったので、受験前にどれを使えばいいか迷ってしまいました。

英検よりも受験しやすい!

満席でなければ、JSAFは試験3日前まで申し込みを受け付けてくれます。

また受験者数が英検より少ないので、会場が混雑していませんでした。


スピーキングテストはこちら!

ランチを済ませた後、スピーキング会場へと向かいます。

こちらが会場の入り口の写真で、JSAFの事務所が入っていました。

最初の会場で写真撮影がなかったので油断していると、

ここで、写真撮影が!!!

英検の写真撮影は、朝会場に着いてからすぐです。

撮った写真は成績表に載るので、髪型や化粧のチェック後に会場に行くことをおすすめします 。

申込時の記事も載せましたので、興味のある方はご覧ください。

https://www.keikotravel.com/2019/11/29/jsaf-english-ielts/



試験後のごほうびにティラミス!『FLATTORIA』

JSAFの事務所でスピーキングテストを受けた後、ティラミスを買いました。

お店の名前は『FLATTORIA(フラットリア)』。

在日イタリア商工会議所主催『全国イタリア料理コンクール』でシェフが優勝したそうです。

チーフシェフの出身が早稲田理工学部で、さらにイタリアの名店でシェフをしていたとか。

ちょうど良い甘さで、あっという間に食べてしまいました。

有機栽培の野菜を使っているそうなので、ランチに出かけるのもおすすめ。

IELTS
スポンサーリンク
シェアする
keikoをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー社会人、カナダ留学に挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました