スポンサーリンク

JSAFで間に合った!英検以外でIELTS試験を申し込む

IELTS IELTS

こんにちは。

2019年12月、3度目のIELTS試験を受けることにしました。

これまでの2回は、英検を実施している『日本英語検定協会(英検)』から申し込みました。

英検は、すべて日本語で手続きができます(英語表記もあり)。

しかし11月下旬時点で、12月下旬の試験はすべて満席になっていました。

前に「英検以外でもIELTS試験を実施しているところがある」と聞いていたので、調べてみました。

『JSAF(ジェイサフ)』です。

JSAFは『IDP:IELTS Austraria』から認定された公式テストセンターです。

今回は、IDPでIELTS試験を申し込んだときのことをお伝えしていきます。

 

JSAFと英検で申し込むのは何が違うの?

IELTSが3団体が共同開発したテストです。

IDP認定かBritish Council認定の違いなので、値段も試験内容も同じです。

IDP、JSAFどちらも申し込みは英語のようです(今回はIDPを使いました)。

IDP(英語での申し込み)→ 公式センターJSAF

IELTS | IELTS Essentials

JSAF(英語での申し込み)→ 公式センターJSAF

トップページ | IELTS公式テストセンター - JSAF(一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション
「受験生の立場で考える」それがJSAF - IELTSが選ばれる理由です。(コンピューターで受験するIELTSもスタート)。International English Language Testing System(IELTS)は、世界で年間受験者数が350万人を超える、英語圏での留学や就労・移住のための、世界的に認知...

英検(日本語での申し込み)→ 公式センター英検

IELTS(アイエルツ)公式テストセンター | 公益財団法人 日本英語検定協会
IELTS(アイエルツ)の公式テストセンターのウェブサイトです。安心と実績の日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、アメリカ・イギリスを含む世界140ヶ国10000機関が認定する海外留学や海外移住に最適な英語能力判定テストです。ここではテストの特徴や種類、お申し込み方法など、IELTS(アイエルツ)の...

本当に読めるか心配でしたが、なんとか無事に申し込めました。

なんとなく書いてあることを読み取り、必要事項を入れていきます。

申し込みには、パスポート情報とパスポートの写真データが必要です。

申し込み完了!

なんとなく入力して進めた申し込み手続きですが、パスポート写真のアップロードの際にはあわてました。

「残席あと僅か」と書かれている会場を予約したかったからです!

写真の容量をどう小さくするか分からず、画面がずっと処理中になって進めません。

しかし、問い合わせ先を見つけました。 日本が通じそうな笑

万が一申し込みが進められないときは、データを別に送るための相談ができます。

無事、12月に今年最後のIELTS試験を受けられることになりました!

こっちの方がいいかもしれない!

「英検じゃないけど、いいか」「あっちは席なかったし」という消極的な理由でJASFで申し込みましたが、

ライティング問題の受験特典がありました!無料です!!

JSAFの日本語でのサポートにしたがって、IELTSオーストラリアのサイトへ行きました。

本試験のライティングテストと同じ形式の問題だったので、ぜひ特典を利用しましょう!

少し気になったのが、決済完了の案内がすぐに来なかったということ。

カード会社から通知は来ましたが、JSAFからは少し経った 3~4時間後からでした。

申し込む方はうっかり二重払いにならないよう、気をつけてください。

受験後の報告記事も載せましたので、興味のある方はご覧ください。

JSAFで間に合った!IELTS受験の感想「パスポートだけでOK」
こんにちは。2019年12月、IELTSのアカデミック・モジュールを受験してきました。『IDP:IELTS Austraria』が認定している『JSAF(ジェイサフ)』が実施する試験です。



IELTS
スポンサーリンク
シェアする
keikoをフォローする
スポンサーリンク
アラフォー社会人、カナダ留学に挑戦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました